核融合エネルギー研究開発部門
Google
超伝導エネルギー貯蔵(SMES)コイル通電試験のための電力供給
 国際超伝導産業技術研究センターと日本原子力研究所の共同研究で、超伝導エネルギー貯蔵(SMES)コイルが1996年7月に行われました。この実験では、JT-60ポロイダル磁場コイル電源を使用しました。


超伝導エネルギー蓄積(SMES)コイルの構造仕様
外径 3.6m
内径 2.7m
高さ 0.24m
重量 10ton

超伝導エネルギー蓄積(SMES)コイルの電気的特性
定格電流値 20kA
インダクタンス 39.6mH
最大磁場 2.84T
蓄積エネルギー 7.9MJ
パルス動作 0.18T/s
通電波形

 27kA-21.7秒で電流の立ち上げ、立ち下げを実施し、0.18T/sでの動作をさせることに成功しました。