核融合エネルギー研究開発部門
Google
国際協力

●原子分子データの国際協力

 1977年に、IAEA(国際原子力機関)のNDS(核データセクション)に原子分子データ部門が設置され、データセンターネットワーク会議でのデータ活動の情報交換、多国間国際協力によるALADDIN(核融合のための評価済み原子分子データのデータベース)の作成が行われています。現在、7カ国、14のデータセンターが参画し、次期核融合装置、ITER(国際熱核融合実験炉)等の研究開発側からのデータニーズに対処しています。

 日米核融合研究協力協定の下、Oak Ridge National Laboratory , National Institute of Standards and Technology との研究協力で原子衝突、及び原子構造のデータ評価を進めています。